カラコンでは裏と表はわかりやすい

透明なコンタクトレンズだと裏なのか表なのかが判別しづらいですが、カラコンだとわかりやすかったりします。
そもそも密閉パックされているものでも、必ずしも表になって密閉されているとは限らず、開けて指の上に乗せてみると裏向きになっていたりするものもあります。
基本的にはレンズが表か裏かを判別する基準として、指に乗せた時にレンズの附置が外側へ反り返っているものは裏側ですが、レンズの薄さや柔らかさ等でそれすらわかりづらい事もあります。
カラコンの場合は、レンズに着色してある為、サンドイッチ製法であっても裏側の場合には若干の色のかすみや薄さが見える商品が多いです。
稀にどちら側も色合いが変わらないものもありますが、そうした場合には反り返っているかをじっくり見て判別するしかありません。
しかしながら透明なレンズよりは明らかに判別しやすいと言えます。
目に入れると裏側であれば違和感やゴロつき、すぐ外れてしまうなどでわかりますが、眼球に傷がついてしまったりする為、入れる前には確認をした方がおすすめではあります。